2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

マリンバの日記

無料ブログはココログ

« 阿蘇の山には雪 | トップページ | 赤い足や長いクチバシ♪ »

2012年3月25日 (日)

阿蘇神社の火振り神事

24日のつづきです。

阿蘇の山から下りるにつれ 青空がひろがり寒さも少しは和らいできました。
阿蘇神社に戻ると 火振り神事の準備が進んでいて、地元のカヤを束ねたタイマツが積んでありました。
7

見物のお客さんたちもどんどん増えてきて~火振りの練習も始まりました。
7a

午後7時に開始
8

10

1時間近くの火振り神事 初めての見学と撮影でした。
初めは寒くてたまらないような気分でしたが、目の前で燃えるタイマツが振られると暖かくなりました。初めて間近で見た火振り ちょっと怖いなぁと感じる時もありました。写真は教えてもらったことを基本にして少し変えたりしましたが、変えない方での撮影が良く撮れているように思います。
まだ見ただけです(^_^;)

当日配布されたパンフレットから~

肥後一の宮 阿蘇神社 「火振り神事」 とは
阿蘇神社に伝わる一連の神事(阿蘇の農耕祭事) は国指定の重要無形民俗文化財です。
その中で、火振り神事は、御前迎えとも呼ばれ 阿蘇神社十二祭神のうち、三の宮である国龍神(くにたつのかみ)の結婚の儀式です。

祭りは三月の申の日に行われ、
この日の朝、神職らは12kmほど離れた阿蘇市赤水の吉松宮へ姫神を迎えに行き、ご神体を青年二人が担いで阿蘇神社に向かい、途中何か所かの御立寄所を経て 阿蘇神社にたどり着きます。

夕闇迫る阿蘇神社参道にはカヤを束ねたタイマツが用意され、やがて御輿の一行が参道に入ると一斉に火が点じられタイマツが打ち振られます。
火の輪は幾重にも重なり合い幻想的な光景が映し出されます。

観客と火を振る者が一体となって、この神様の結婚にふさわしいセレモニーを演じるのです。

« 阿蘇の山には雪 | トップページ | 赤い足や長いクチバシ♪ »

日記」カテゴリの記事

コメント

マリンバは阿蘇…おっかさんは久住…
24日は嵐みたいに風が強かったですね~。そして今日朝起きてびっくり
雪が一面…久住高原0℃…凍りついていました。
三月も終わりなのに寒かったですね~。

阿蘇神社の火祭り勇壮&幻想的でいいですね。
おっかさん見たことありませんが…マリンバ楽しかったでしょう。

一度は見てみたいものです~

阿蘇神社!昨年の春のミーティング前に
ゆきも一緒に行きました。

スケールの大きな神社に感動したものです。shine

話しに聞いたことはありますが
ここで日振り祭りがあるんですね~。flair

一度は見てみたいと思います。clover

アリスとデュークの母さまへ
久住の朝は雪化粧でしたかsnow
三月下旬に雪とはイメージしにくかったですよね~
一家でデラックスな一泊旅行 いいですねhappy01dog

私は目覚ましかけて早起きして寒さ対策して阿蘇に行きました。
19時からの神事に11時すぎには場所取り、一人ではとてもできないことなので
とても良い撮影会になりました(^O^)
火振りは一般客でも体験できるようですよ! 
それにしても寒かったです。

ゆきパパママさんへ
ゆきちゃんも行ったことがあるんですね(^_^)
1年前はあの辺をゆきちゃん歩いたんだなぁと想いをめぐらせます。

火振り神事は参道で催されました。
体験交流ということで一般客も火振りを体験できるようです。
私はちゃんと撮れてるかとの気持ちばかりで、体験するのには気が向きませんでした(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿蘇の山には雪 | トップページ | 赤い足や長いクチバシ♪ »